福島れんげの会 活動紹介

活動の目的

  • 若者のグリーフサポート事業
  • 自死遺族の心のケア
  • 自死予防の啓発
  • 自ら命を断とうとした人とその家族の支援

活動内容

  • 遺族のつどいの開催
  • 若者のグリーフサポート事業として、ミニライブとワークショップの開催
  • れんげ通信の編集・発行
  • 講演会などの開催
  • 「綴り箱」の運用
  • 研修などの企画運営

れんげのつどい(わかちあい)

偶数月の第3土曜日に自死で大切な方を亡くした人のつどいを開催しています。


話したくないときには、黙って聞いているだけでもよいのです。

同じ時間を過ごすことを大切にします。


れんげのつどいは、専門家によるカウンセリングや医療などとは違い、治療ではなくピアサポート(同じ立場での支え合い)の場となります。


ご参加 お待ちしています。

詳しくはお知らせをご覧ください。

『綴り箱』について

『綴り箱』は「れんげのつどい」に行きたくてもいけない…まだ話したくない…。という方でも、思いを届けることができるようにと開設した心の届け先です。

抱えきれない想い・・文字に綴って『綴り箱』に届けてみませんか?

送っていただいたお便りは、スタッフが心をこめて読ませていただきます。

個人の情報は、厳しく管理していますので、ご安心ください。

『綴り箱』送り先

メール :tuduribako@kokorosasae.jp

郵便: 〒960-8031 福島市栄町10-4 エスケー栄町ビルⅢ 2階